格安SIMで携帯代がお得!4000円から5000円以上も削減

通話料が劇的に安くなる

受話器

どこにかけても同じ

自宅に引かれている通信回線は、通常は電話回線になるでしょう。一般的な電話やFAX、インターネットであればADSLの接続などに使えます。それ以外に光回線と呼ばれる回線があり、これまでの電話回線とは別に引いてもらえます。近くの電線まで通っているなら、そこから自宅まで通してもらえますが、近くまで来ていないときは利用できません。集合住宅などでも近くまで来ていれば利用できます。個別で行うより、建物全体で対応することが多いでしょう。光回線を利用したサービスの一つがひかり電話です。電話回線ではなく、光回線を利用して電話サービスが利用できます。ひかり電話のメリットとして、通話料が安くなることが多いです。国内に電話をするとき、同じ市内や都道府県内、さらに遠方になると通常はどんどん通話料が高くなります。ひかり電話は全国一律料金になっているので、同一市区町村内であっても遠方であっても通話料が変わりません。離れた所に住んでいる人と通話するときにお得になります。ひかり電話は電話だけを考えると安く利用できます。注意したいのは、光回線を利用する料金が別途かかるところでしょう。単にひかり電話を利用するだけのために光回線を引き込んで利用したとしても、トータルの料金では高くなる可能性があります。よい使い方としては、光回線を他の用途にも使うことでしょう。インターネットやテレビ放送なども同じ光回線を使えます。いろいろなサービスで使えば、光回線その物コストも気にならなくなります。